海外の占い事情について(マルタ調べ(*^_^*))

昨年の話になりますが、3度目の語学留学へ行ってきました。
今回のクラスメイトの国籍は、
イタリア、フランス、トルコ、コロンビア、ロシア、韓国、日本でした。
途中に入れ替わりもあり、自己紹介をあまりしない先生だったので (笑)
国籍は、何名か分らずじまいでした。
たまにしか来ない生徒も、いますしね(^_^;)


授業の中で、「人生の大きな選択」というテーマで話す機会があり、
私は「転職」について話しました。
「歯科衛生士からタロット占い師へ」転身した事、
英語でも占いたいから、勉強をしていると話しました。


始めは意味が分らなかったようで、キョトンとしていましたが、
理解して貰ったら、全員が驚き、話題は占いへと変わりました。


私は先生とクラスメイトに問いかけました。
「占いってする?」
「マルタでは、ポピュラー?」


先生:ここは、宗教上禁止されているからね。ダメなの!
お店や看板もないし、しているところもないよ。
だから、興味深いわ!!面白そうね!!


先生の顔は、本当に面白そうが前面に出ており、
「みんなの国は?」と、次々に聞いてくれました。


トルコ女性:「私、コーヒー占いできるよ!」
っと、真っ先に手をあげて答えてくれました。
トルコでは、コーヒー占いがポピュラーで、やり方を説明してくれました。


続いて、コロンビア、フランス、ロシアは、
「趣味の範囲ね、本を見て自分で楽しむ感じ。」
「仕事では、聞いたことも、見たこともないよ。」と
宗教も関係はしている様でしたが、禁止ではないみたいでした。


イタリア女性:「うちは、3代続く占い師の家系なの!!」
っと驚きの発言が飛び出ました。


クラスは「ウワァ~!!」っと、大盛り上がり、
私のテンション、マックスです\(^O^)/


彼女は、カードや手相をするそうです。
イタリアにも手相占いがあったんですね。


それを聞いた瞬間に、両手を差し出した女子が2人いて
さらに盛り上がります(*^_^*)

両手を差し出したのは、韓国女性と日本女性。
どちらも、占いに慣れ&好きな国でした。(笑)
韓国も日本と同じような感覚で、種類もほとんど同じでした。


ちなみに、聞いた話ですが
中国は占い好きですが、生年月日を教えたがりません。
信じているから、生年月日から予想される
性格や性質、運命、健康運、仕事運、金運、財運、結婚運など、
強み弱みを人に知られたくないのです。
それで、結婚が破談になることもあるとか?!
怖いですね(-_-;)


話は戻り、
2015年、2017年、2019年とマルタの同じ学校へ入学しました。
住まいは、スリーマ、サリーニ、セントジュリアンとあちこち住みましたが、
一度も看板を見たり、占いについても聞いたことがありませんでした。


今回のフラットメイトは、ドイツ、フランス、チェコ、日本でした。
フランス女性は、興味があって本を読んだことはあるけれど(持っている)、やったことはないと言ってました。


ドイツ女性も趣味の世界だと。彼女は興味津々で、占いました(^_^)v

チェコ男性は、本当に(私が占い師という職業をしている事に)驚いていました。チェコでは、仕事に成り得るとして、考えられない様で
禁止は・・・驚かれ過ぎて、そこまで聞くのを忘れました(^_^;)


帰国する前日の放課後に、
クラスメイト、先生、先生の友達(先生)を占いました。
他のクラスから、ギャラリーも入り(笑)
女性だけではなく、意外にもロシア男性も占いました。

“ 今後の仕事について ”
悩みは、万国共通ですね!!









投稿者プロフィール

マダムバイオレット
マダムバイオレット
あなたの人生の導き手マダムバイオレット